学校法人石善学園 新潟第一中学校・新潟第一高等学校

ご挨拶・指導方針

ご挨拶・指導方針

ご挨拶

中高一貫教育30年の実績
地域の子どもたちの学びの場として地域に貢献しています
理事長 本間 達郎 / 学校長 草間 俊之

 学校法人石善学園は、昭和53年に新潟第一高校を開校、昭和61年には、新潟第一中学校を併設して、県内初の中高一貫教育を開始しました。
 「質実剛健」「自重自治」を建学の礎石として、日々の教育活動を通して、その体現、知性と感性、品位ある人間の育成に取り組んでいます。
 一人一人の生徒を大事にして、将来、社会人として通用するマナーや学力を身に付けるべく、教職員一丸となって、常に心はあたたかく、時には厳しく指導しています。
 また、中学校では、より一層、社会の変化に対応して、英語の学習や我が国の伝統文化の習得に力を入れていくこととしています。
 今後とも、規律ある進学校であり続け、地域の子どもたちの学びの場としての役割を果たすことにより、地域に貢献したいと考えています。


指導方針

  • 個々の生徒の資質と学力に応じた指導を徹底します。
  • 高等学校の学習内容との継続を意識した指導を行います。
  • 常に指導目標を明確にし、分かりやすい授業を心がけます。
  • 基本的な生活習慣の確立を目指し、躾を徹底します。
  • けじめのある、調和のとれた生活態度を育てます。
  • 健康や安全に気を配り、快適な生活が送れるよう指導します。